Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
アクセスカウンター
ブログランキング

人気ブログランキングへ
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
パヨクは暇人
0

     

     

    と言われているようです・・・

     

     

     

     

     

     

     以下引用

     

     

     

    元在特会会長、桜井誠氏らの街宣をめぐり、

    高須克弥氏と香山リカ氏が大論争

     

     

     

    産経新聞  12/2(金) 16:01配信

     

     

     

     

    美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(71)と、精神科医の香山リカ氏(56)があるツイートをめぐり、大論争を繰り広げている。

     

    発端となったのは1日午後1時ごろの高須院長のこのツイート。

     

    「東京駅山一証券前。人だかりなう」(実際は大和証券前)

     

    「国旗と旭日旗見ると脊髄反射で敬礼しそうになるなう」とも続いてツイートした。

     

     

    これに対して、香山氏が1日午後3時ごろ、「西原理恵子さん。月乃光司さんと依存症について語った『おサケについてのまじめな話』や『週刊新潮』の佐藤優さんとの連載などでいつも社会的弱者へのやさしさを忘れずにいる一方で、パートナーの高須克弥氏と在特会系の街宣前で笑顔で写真におさまる。どちらが本当の姿なのか。矛盾に気づいてほしい」とツイッターに投稿した。以下、10本以上のツイッターでの投稿が続いた。

     

     

    香山氏は、さらに「『付き合う人』で判断しているのではなく、在特会系主催の街宣の前での記念撮影のことを言ってます。街宣の目的などはご存じなかったとしても、一瞥すればどんな団体かは明らかかと。アルコール依存症の啓発活動など弱い立場の方への目配りを忘れない西原さんがなぜ、と強い違和感を覚えます」とツイート。

     

     

    高須氏は「香山リカさま誤解です。僕たちは、デート中、日章旗と旭日旗の前で人だかりしていたので、それを背景に記念写真を撮っただけです。僕たちはデート中イデオロギーの話しはしません。弱者への優しさはイデオロギーと関係なく共有しています」と返答した。

     

     

    さらに撮影の意図を次のように説明した。

     

     

    「1枚目の写真は人だかりの前のデート写真。2枚目の写真は国旗と旭日旗に敬意を表す僕の自己紹介のコメントです。香山リカさんのツイッターに悪意と煽動の意図を感じて不快な僕の気持ちをお伝えします。ご返事をお待ちします」

     

     

    これに対し、香山氏は「ご連絡恐縮です。おふたりが記念撮影されたのは、在特会という差別主義団体の創立者が呼びかけた街宣だったのです。心の病の方やこどもへのあたたかい目線で描かれた西原さんの作品と在特会の前での写真にはあまりに乖離があり、悲しくなったことを、ひとりの愛読者としてお伝えさせていただきます」(原文のまま)と返信した。以下、2人のやり取りは次の通り。

     

     

    (高須氏)「僕への応援に感謝します。西原理恵子は関係ありません。みんなに愛されたい漫画家です。僕とイデオロギーが違います。香山リカさんのお仲間のみなさん、西原理恵子を攻撃しないでください」。

     

     

    (香山氏)『悪意と煽動』はまさに在特会の街宣の側にあると思います。ご存じのように在特会による抗議を「人種差別的」とする最高裁判決もあります。社会にたいへんに影響力の強いおふたりが、その団体関係者の街宣の場で笑顔で撮影というのはやはり問題に思います。ぜひ差別の撲滅のためにお力を貸してください」

     

     

    (高須氏)「香山リカさまご返事ありがとうございます。在特会のみなさんの事は知識を持っていませんのでコメントできません。僕が先頭に立って安保賛成デモをしていた時、中国の観光客から声援を送られたことを思いだして苦笑しております。お笑いください」

     

     

    (香山氏)「たとえばもし私がネオナチの集会の前で『紅葉がきれいだったので』と撮影しても同じことを言いますか?」

     

     

    (高須氏)「どのような思想信条の集会であろうと美しい紅葉を撮影する権利はあります。もちろん香山リカ先生には撮影を拒否する自由があります」

     

     

    (高須氏)「香山リカ先生。この美しい紅葉の下にイデオロギーの異なる人びとがいても写真を撮りたければ撮るべきだと思いませんか?」(紅葉の写真を添えて)

     

     

    (香山氏)「私にご意見くださる先生のファンの方々の意見をまとめると、『高須先生は集会の主催者などをご存じなく、デートの最中に人だかりの前で記念撮影したら、たまたまそれが在特会だっただけなのだから、それを咎めるのはおかしい』となると思います。その”法則”は私にも適用されますか、とききました」

     

     

    (高須氏)「摘要されると存じます。香山リカ先生と小生は同等の権利を所有しています。言語を理解できない異国の方々も同等の権利をお持ちです。喜んでスマホで撮影しておられました(笑)」

     

     

    双方のファンや支持者が入り乱れ、高須氏はここで議論を終わらせるが、香山氏は高須氏のパートナーである漫画家の西原理恵子氏(52)に2日午前、「西原さん、突然申し訳ありません。引用RTで失礼します。私は酒害の啓発イベントでの西原さんのご発言や作品の一ファンです。高須先生との記念撮影の背景の人だかりは、他の方の説明のように差別主義団体による嫌がらせ街宣でした。ご存じなかったとのこと、たいへんご不運なことでした。(続く)」

     

     

    「(続き)ファンの方からは私に『どこで撮影しようと勝手だろう』という声とともに、おふたりが団体の創設者・桜井氏を応援しているかのような誤解も寄せられています。その点、私も誤解していたことはおわびいたします。どうか今後とも、社会的に弱い立場の人を励ます作品を生み出し続けて下さいませ」と投稿した。

     

     

    だが、一方でその後も「『うっかりによる差別発言や差別団体との撮影』。過失による差別や差別への加担行為は、どこまで許されるのか。差別には必ず被害者がいるし、基準は他の問題より厳密であるべきだと考える。もちろんうっかりは避けられないが、その場合はすみやかな訂正が必要だろう。それが過失であるならばなおさら」

     

     

    「社会的影響力の強い方、とくにこれまで社会的弱者に寄り添うスタンスだった方には、差別団体にいかほどもかかわる言動をしていただきたくないと願います」と連続して投稿した。

     

     

    もっとも一連の騒動には、高須氏も閉口していたようで「西原理恵子が在特会の街宣でナチの旦那とうれしそうに写真撮影してたってホントかい」という「こなたま」という名前の投稿に対しては、激怒。

     

     

    「論破されて逃げて、ブロックしといて、一方的に僕をナチスにでっち上げて言いたい放題。ナチの旦那?那智の間違いだろ?きみは字も書けんのか!ちゃんとウラを取ってから言えよボケ?カス?再び論破するからブロック外しなさい」と怒り心頭の様子だった。

     

     

     

     引用終わり

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    パヨクの粘着力は異常。

     

    よほど暇なのかと思う。

     

    誰がどこで写真を撮ろうが、ツイッターに載せようが、

     

    公共の福祉を乱さないかぎり、自由だ。

     

    パヨクが大好きな「憲法」にもそう書いてある。

     

    桜井誠氏を「レイシスト」と一方的に非難することも、

     

    差別的である、と私は思う。

     

    マイノリティにしか「言論の自由」が無いことはおかしい。

     

    多くの日本人の気持ちを代弁している「桜井誠氏」。

     

    私は彼を支持している。

     

    今は「日本第一党」党首であるし、

     

    在特会から離れてしばらく経つ。

     

    彼を一人の政治家として扱ってもいい時期ではないだろか。

     

     

     

     

     

    応援クリックお願いします m(__)m
        ↓
     






    オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

    くじら横丁ホームページ
    http://www.e-kujira.or.jp/
     

     

     

     

     

    posted by: はやぶさ | 思うこと | 14:34 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    移民は国を亡ぼす
    0

       



       以下引用
       

       

       

      http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/lookingforward/

      浅野秀弥の未来創案
      増える外国人の生活保護

       


      大阪日日新聞 2016年11月24日
       

       

      日本の将来像に関わる問題だ
       

       

       

      現在わが国では、生活保護受給世帯が過去最多を更新し続けている。その中で外国人受給は4万世帯を超え、年間1200億円にも達している。これ自体10年前と比べ2倍近くにも激増している。

       

       


      厚労省の4年前の調査では、生活保護の全体数は月平均155万1707世帯。うち外国人は4万5634世帯。国籍別統計値はさらに前年数字だが、韓国・朝鮮人が約2万8700世帯、フィリピン約4900世帯、中国約4400世帯と続く。うち特別永住者の韓国・朝鮮人が62%超を占める。

       

       


      6年ほど前に、大阪市で来日直後の中国人46人が一斉に生活保護を申請し受給するという異常事態まで起きた。厳密にいうと生活保護法の対象者は国民に限定されており、判例に添っても外国人はその対象とはならない。しかし、旧厚生省が永住外国人にも対象を広げるように行政指導をしてきた経緯があり、単純しゃくし定規に法律通りには行かない側面がある。

       



      安倍内閣は本格的な少子高齢化時代への対応として、新たな労働力を「女性・高齢者・外国人」に期待している。女性活躍に対しては、相変わらず保育園整備などの基本施策が都市部を中心に遅れているし、高齢者雇用も年金財政逼迫(ひっぱく)のツケや雇用のミスマッチでお年寄りが生き生きと経験を生かして働ける環境は整っていない。

       

       


      最後は、外国人だがこれとていわゆる出稼ぎではなく、家族ぐるみの移住問題を含めた取り組みが求められる。そうなるとEU諸国各地で摩擦を起こしているシリア難民受け入れ問題などの難問を抱える覚悟が必要だ。「必要なときには来てほしいが、用済みになったらさっさと帰国して」では済まないことは、大量の半島出身者を戦前に日本国内で働かせ、その結果として大量の永住外国人を生み出した結果をみれば明らかだ。

       

       


      途上国を中心に人口は爆発的に増加の一途を遂げており「日本に行って一旗揚げたい」と望む外国人は多い。その中で、日本人は「外国人の力を借りてでも国内の消費力を上げるか、少子化の日本人だけで緩やかな発展に甘んじるか?」という国民的な真剣な議論が必要になっている。



      あさの・ひでや(フリーマーケット=FM=社社長、関西学生発イノベーション創出協議会=KSIA=理事長)1954年大阪市生まれ。わが国のFM創始者で日本FM協会理事長。関西経済同友会幹事。数々の博覧会等イベントプロデュースを手掛ける。
       
       引用終わり

       
      日本の国益に資することのない「外国人」は

      日本に住む必要がない。



      >大量の半島出身者を戦前に日本国内で働かせ、

      >その結果として大量の永住外国人を

      >生み出した結果をみれば明らかだ。



      正にその通り。

      移民の二世三世に我が国は食い荒らされている。

      沢山の移民を、日本は既に受け入れているのだ。

      移民は国を亡ぼす。

      経済優先で、大量の移民を入れれば、

      20年のスパンで日本は劣化する。

      何故欧州の惨状を理解しないのか?
       
      政治家はバカの集まりなのか?




      応援クリックお願いします m(__)m
          ↓
       






      オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

      くじら横丁ホームページ
      http://www.e-kujira.or.jp/
       
      posted by: はやぶさ | 思うこと | 16:55 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
      もううんざりなんだよ 日本代表の試合は、あなた達に関係ない!
      0

         

         

         

         

        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000069-asahi-soci

        サッカー代表戦で差別言動をなくせ 

        団体がネットを監視

         

        朝日新聞デジタル  2016. 11/8(火) 17:23配信

         

         

         

         

         

        日本でヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)をなくすことを目指す団体、反レイシズム情報センター(ARIC)が、サッカーのワールドカップ(W杯)最終予選で差別を監視する活動をしている。15日のサウジアラビア戦でも、インターネット上での監視などをボランティアとともに行う。

         

         

        ARICは、国内でヘイトスピーチが繰り返される中、昨年に在日コリアンや日本人の若手研究者、学生らで結成。被害の実態をつかむ調査などをしてきた。

         

         

        今夏、国際サッカー連盟(FIFA)と協力して主に欧州で反人種差別の取り組みをする市民団体FAREの試合監視プログラムを学び、9月1日のアラブ首長国連邦(UAE)戦から監視を開始。スタジアム内での差別言動や試合前後のツイッターを監視し、FAREに通報した。

         

         

         

         引用終わり

         

         

         

         

         

        「旭日旗」の画像検索結果

         

         

         

         

        何故、「在日コリアン」に監視される必要があるのだろう?

         

        日本代表の試合は、あなた達に関係ない!

         

        「旭日旗」が振られていたぞ〜、「戦犯旗が〜」

         

        などど騒ぐのだろう。

         

        そんなに日本にいることが耐えられないなら、

         

        好きな国で暮らせばいい。

         

        ヘイトヘイトと騒ぐたび、日本は暮らしにくい国になる。

         

        もううんざりなんだよ!!

         

         

         

         

         

        応援クリックお願いします m(__)m
            ↓
         






        オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

        くじら横丁ホームページ
        http://www.e-kujira.or.jp/
         

         

         

         

         

         

        posted by: はやぶさ | 嫌中韓ロ豪 | 22:07 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        もううんざりだよ 隠れ「桜井誠」支持者より
        0

           

           

           

           

          http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51876563.html

           

           

           

           

          ずっとモヤモヤしていたことが、スカッと晴れた。

           

          いい文なので、是非お読みください。

           

           

           

          隠れトランプ旋風 H28.11.10

           

           

           

          今回のアメリカ大統領選挙で、興味深かったのは、何と言っても日本のマスコミの大失態ですね。
           

           

          トランプの勝利を一年前から予測していた木村太郎氏以外はマスコミも、テレビのコメンテーターも、トランプのような人物が大統領になるのはあり得ないという前提に立っていました。
           

           

          木村氏は、トランプの勝利を信じていた理由の一つとして、あるテレビ番組で「アメリカのマスコミはみんな民主党支持だからね、実際と違うから」と述べていましたね。
           

           

          リベラル一辺倒のアメリカのマスコミのネタを、いまだGHQ洗脳優等生の日本のマスコミが垂れ流した結果、

          トランプをキワモノのように捉えていた日本人も多かったと思います。
          それが見事に覆った歴史的瞬間でした。
           


          ところで、デイリー新潮に面白い記事が載っていました。それによると、なんと、ハーバード大学にも「隠れトランプ支持者」が大勢いたというのです。

           

           

          日本でも、日本を愛する政治家への支持を発表すると、即、右翼などと認定されるので、隠れ〇〇支持者が大勢いると思いますが、あの自由の国の親玉のアメリカで、同じことが起きていたとは。
           

           

          この「ハーバード大学」にも吹き荒れた「隠れトランプ旋風」の記事によれば、 「表現の自由」について学ぶクラスで、教授が「共和党の指名争いは、歴史上稀に見る恥ずべき状態」とし、トランプを「差別する人」、マイノリティを「差別される人」と表現したそうですが、それに不満を持った学生も抗議できなかったというのです。

           

           

          なぜなら、 「一度、授業で同性婚に反対したことがある。授業が終わるとLGBT団体が僕の机まで来て、泣きながら抗議した。もううんざりだよ」だと。

           

           

          これは、「差別された」と叫ぶ被害者団体の圧力に負け続けている日本と同じ構図ではありませんか。 
           

           

          ハーバードを卒業した白人男性は、「僕らは自分の意見を自由に表明することができない」という。ポリティカル・コレクトネスが行き過ぎた現在のアメリカでは、白人男性であることはむしろ「原罪」なのだ、とさえいうのです。

           

           

          日本も、日本人であるだけで、意見を言うとヘイトスピーチと認定される場合があるようになりましたが、正に、日本も、日本人であることが「原罪」だとする社会になってしまったのかもしれませんね。
           


          ハーバード大学では、人種差別に抗議した黒人学生がロースクールのロビーを何カ月も占拠する事件があり、
          学校側は黒人学生たちに撤去命令が出来ず、彼らが大量に貼り付けたポスターはそのままで、ロビー占拠に
          抗議した白人至上主義の学生が、トランプのポスターを貼ると学校側によって瞬時に撤去された、というのです。

           

           

          これに抗議しようものなら、“人種差別主義者”のレッテルを貼られまともに就職できないと言います。
          白人インテリ層のなかにこういった不満がふつふつと堆積して、溜りに溜まった鬱憤が、トランプ旋風に一役買っ
          たのではないか、と筆者は分析しています。

           


          因みに、木村太郎氏は、トランプ大統領の誕生で、

           

           

           

          ○TPPは消滅する
           

          ○(駐留米軍が)いなくなることを前提に日本は一体どう
            するんだという議論を始めないといけない

           

          ○アメリカの核の傘はもう期待できないので、日本が自分で
          考えるべきことになるだろう。

           

           

           

          と、予測しています。
          いよいよ、日本が、国として、自立できるチャンス到来ということになるのかどうか、ボールは私達に手渡されたのではありませんか。

           

          ーーーーーーーーーーーーーー

           

           

           

           

          以下デイリー新潮より一部引用
          ■「ハーバード大学」にも吹き荒れた「隠れトランプ旋風」(3)

           
           

           

           

          粗野で無教養、差別意識を隠そうともしない南部の白人男性たち――そんなイメージで語られがちな共和党候補ドナルド・トランプ(70)の支持層だが、世界中の英知が集うハーバード大学にも、隠れた支持者たちはいる。昨年の夏から1年間、同大学のロースクール(法科大学院)に留学していた山口真由氏が、“隠れトランプ旋風”の実状を明かす。

            ***

           

           

          さて、ここまでハーバードにおけるトランプ支持者の“思惑”に触れてきた。だが、トランプを支持していたのは彼らのような熱心な共和党支持者や、キリスト教徒だけなのだろうか。

           

           

          私は思い出していた。ハーバード・ロースクールの友人であるケヴィンが、

           

           

          「ヒラリーは信用できない。トランプの方がまだ信用できるよ」と、酔った勢いで呟いていたことを。

           

           

          「表現の自由」について学ぶクラスで、リベラルな教授は言う。

           「共和党の指名争いは、歴史上稀に見る恥ずべき状態になっている」

           

           

          トランプを「差別する人」、マイノリティを「差別される人」と表現した教授に対し、授業後の立ち話でケヴィンは不快感を隠そうとしなかった。

           

           

          その決めつけこそが、ステレオタイプな差別だというのだ。

           

           

          「すべての人がすべての人を差別していると言った偉人がいるけど、僕も同感だ。マイノリティだってある意味でトランプを“差別”しているんだと思う」と説く彼の言葉は、ハーバード生だけあって説得力がある。そこで私が、

           「なぜ、授業中に教授に反論しなかったの?」と聞くと、

           

           

          「一度、授業で同性婚に反対したことがある。授業が終わるとLGBT団体が僕の机まで来て、泣きながら抗議した。“あなたは私たちのことを嫌いなのね。だから、差別するのね”って。もううんざりだよ」

           


          ■「差別主義者」のレッテル

           

           

           

          ハーバードを卒業した白人男性は、「僕らは自分の意見を自由に表明することができない」という。ポリティカル・コレクトネスが行き過ぎた現在のアメリカでは、白人男性であることはむしろ「原罪」なのだ。努力して好成績を修めても、「優遇されてるからでしょ」と批判されることもあるという。下手に反論すれば「差別主義者」のレッテルを貼られてしまう。

           

           

          私の留学中に、人種差別に抗議した黒人学生がロースクールのロビーを何カ月も占拠する事件があった。学校側は黒人学生たちに「どきなさい」とは言わないし、彼らが大量に貼り付けたポスターもそのままだ。にもかかわらず、ロビー占拠に抗議した白人至上主義の学生が、トランプのポスターを貼ると学校側によって瞬時に撤去された。

           

           

          親しくなったハーバードの学生たちも「ロビーを自由に使いたい。占拠はやり過ぎだ」と口を揃えていた。

           

           

          だが、どうして学校側に抗議しないのか尋ねると、

           

           

          「自分が矢面に立って“人種差別主義者”のレッテルを貼られたら、この国ではまともに就職できないよ」とあきらめ顔。

           

           

          ケヴィンも酔った席での戯言を除いてオフィシャルにトランプ支持を表明することはない。

           

           

          ポリティカル・コレクトネスが何より重んじられるアメリカ。インテリ層がこれを間違うと大変なことになる。信用を失い、名誉を失い、将来を失う。

           

           

          トランプ支持を堂々と表明できる、粗野で素朴な南部の白人男性たちはよい。それを公表できない白人インテリ層のなかにこそ、ふつふつと不満が堆積していたのかもしれない。そして、溜りに溜まった鬱憤が、トランプ旋風に一役買ったのではないか。

           

           

           

          ■アメリカが抱える闇

           

           

           

          そう考えると、突然の大失速にも説明がつく。

           

           

          皆さんはトランプが批判の集中砲火を浴びたビデオについて、少し疑問に思われなかっただろうか。

           

           

          確かに、下品極まりない内容だ。放送禁止用語の連発である。しかし、11年前の「ロッカールーム・トーク」が、これまで散々、暴言を吐いてきたトランプをここまで追い込むものだろうか。「輪姦は元気な証拠」、「女性は産む機械」等々、日本の政治家だって失言を繰り返してきたではないか。

           

           

          このトランプのロッカールーム・トークに関する、ハーバードの男子学生たちの見解は興味深い。

           

           

          トランプが移民を差別し、中国人を敵視しようと、コアなトランプ支持層(主に白人男性)にとって、それは「他者」に対する攻撃だ。どこかの知らない誰かが、トランプの餌食にされているくらいのことだった。

           

           

          だが、今回は違った。

          既婚女性を誘惑したことを、実名を出して告げ、その直後、ブロンドの美しい白人女性にエスコートされる。彼女の肩に手を置くトランプの締まりのない顔を見た時、彼らは一様に生々しさを覚えたらしい。

           

           

          ギラギラとしたトランプの視線の先にいる白人女性が、自分の恋人や妹、妻や娘と重なった。その瞬間、トランプのむき出しの欲望が自分の愛する家族に向けられたような気持ちになった。彼らはそれに生理的嫌悪感を禁じ得なかったと言うのである。

           

           

          トランプの「他者」に対する攻撃は、ポリティカル・コレクトネスに疲れ切った人々にとって、ある意味で爽快だったのかもしれない。しかし、「自分の守るべき家族」がトランプの欲望の射程に入っていると知ったとき、共和党のインテリ層の知的な思惑は、「気持ち悪っ……」という感情的な反発の前に、脆くも崩れ去ったのである。

           

           

          トランプ現象の爆発的な広がりと、あからさまな失速はこう説明できる。

           

           

          アメリカの行き過ぎたポリティカル・コレクトネスに反発したインテリ層は、自分たちが決して口にできない言葉を連発するトランプに喝采を送った。しかし、結局は、著しくポリティカル・コレクトネスに欠けるトランプの俗物性に耐えられなかった。

           

           

          トランプを支持した、ハーバードのインテリ層の思惑は、彼らの人間としての感情に勝てなかったとも言える。

           

           

          移民や女性への差別、格差問題に加え、インテリ層の抱える苦悩まで炙り出したトランプ旋風。

           

           

          果たして、アメリカが抱える闇を余すところなく暴いたのだろうか。

           

           ***

           

           

           

          特別読物「民主党の牙城『ハーバード大学』にも吹き荒れた『隠れトランプ』旋風――山口真由(弁護士)」より

           

           

           

          山口真由(やまぐち・まゆ)


          1983年生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験と国家公務員1種に合格。首席卒業し、財務官僚を経て2009年から弁護士。2015年夏からハーバード大学ロースクールに留学し、2016年8月に帰国。著書に『いいエリート、わるいエリート』など。
          http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161109-00514398-shincho-int

           

           

           

           

           引用終わり

           

           

           

           

           

          >行き過ぎたポリティカル・コレクトネス

          (政治的正しさ)

           

           

           

          に日本と同じ構図である。

           

          真面目な大半の納税者「マジョリティ」に

           

          発言権はない。

           

          日本人を優先してくれ、と言えば「レイシスト」と

           

          罵られる。

           

          表立って「桜井誠」を支持する、などと言えば

           

          「差別主義者」のレッテルを貼られ、社会から攻撃される。

           

          日本にも「マジョリティ」の言論の自由は、無いのである。

           

          マイノリティは堂々と発言し、マスコミも同調する。

           

          中学生の娘は、学校から帰ると

           

          「トランプ」が当選したから「戦争」になるの?

           

          と真顔で聞いてきた。

           

          学校は一体何を教えているのか?

           

          非常に不愉快に思った。

           

          マイノリティは堂々と、マジョリティはこそこそと

           

          そんな層が安倍政権を支えているのかもしれない。

           

          民進・共産党の支持率を見れば、何となく理解できる。

           

           

           

           

          応援クリックお願いします m(__)m
              ↓
           






          オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

          くじら横丁ホームページ
          http://www.e-kujira.or.jp/
           

           

           

           

           

           

          posted by: はやぶさ | その他 | 09:27 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
          大和証券グループは、反社会勢力との取引を一切行いません
          0

             

             

             

             以下引用

             


            大手証券会社社員が「上場廃止になるまで

            追い込まないと」とツイートしたとして炎上 

            ネット上での指摘に会社側は「把握しているが…」 

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            大手証券会社の社員が、主幹事を務める企業について「上場廃止になるまで追い込まないと」とする内容をツイッターに書き込んだなどとして、ネットで炎上する事態となっている。

             

             

             

            この人物は、人種差別主義に反対する団体に所属しているという声もネット上にあふれており、ネット上で指摘された証券会社の広報担当は産経新聞の取材に「そういうネット上での書き込みについては把握しているが、会社としてのコメントは差し控えさせていただく」と説明。ネットでの騒ぎを受け、事実の確認を急いでいるもようだ。

             

             

             

            ネット上の指摘によると、大手証券会社の部長とみられる人物は今年、ツイッターで具体的な企業名を挙げて「上場廃止になるまで追い込まないとあかんなこれ」などと投稿。指摘された証券会社は、この企業の主幹事になっており、ネット上には「これが本当だとしたら証券会社として完全にアウト」などの書き込みが相次いだ。

             

             

             

            さらに、ネット上には、この人物が人種差別主義に反対する団体に所属しているという指摘も。「個人の主義思想は憲法で保護されてるし、それを弾圧するべきではないけど会社の役職付きともなると、さすがに印象がなぁ」などの投稿がみられた。

             

             

             

            ネット上で指摘された証券会社の広報担当によると、一連の書き込みについては、外部からの指摘ではなく自ら見つけたという。

             

             

             

             引用終わり

             

             

             

             

            >「俺は性格悪いんだよ」

             

            そのようですね。

             

            記憶しておきます。

             

             

             

             

             

            88NMhPU.jpg

             

             

             

             

             

            応援クリックお願いします m(__)m
                ↓
             






            オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

            くじら横丁ホームページ
            http://www.e-kujira.or.jp/
             

             

             

             

             

             

            posted by: はやぶさ | 思うこと | 23:04 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            日本の宅配業者は最強
            0

               

               

               

               以下引用

               

               

               

              http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000026-asahi-soci

              「配達員が屈強でかなわない…」

              恐喝未遂容疑で組員逮捕

               

               

              朝日新聞デジタル 10/28(金) 5:42配信

               

               

               

               

              暴力団組員が屈強な宅配便の配達員に屈した――。

               

               

              組事務所に届いた代金引換の宅配物を脅し取ろうしたとして、警視庁は、いずれも指定暴力団松葉会系の組員古玉雄介(32)=東京都荒川区=、大場一利(35)=愛知県半田市=の両容疑者を恐喝未遂容疑で逮捕し、27日発表した。

               

               

              荒川署によると、大場容疑者は6月12日、インターネットで高級腕時計(販売価格約86万円)を注文。翌日、佐川急便の男性配達員(38)が荒川区町屋3丁目の組事務所に品物を届けに来た際、大場容疑者が古玉容疑者にモデルガンを突きつける「ヤクザ同士の内輪もめ」の場面を見せつけ、代金を払わずに商品を脅し取ろうとした疑いがある。

               

               

              ところが、この配達員は、同行していた同僚男性(44)とともにモデルガンと商品を取り上げ、110番通報。容疑者2人は慌てて事務所から逃走した。大場容疑者は「配達員が屈強でかなわないと思った」。古玉容疑者は「大場(容疑者)がやったことだ」と容疑を否認しているという。

               

               

               

               引用終わり

               

               

               

               

               

              そんな高額な商品を「代金引換」で売る?

               

              ネット業者もどうかしている。

               

              10万円以上の商品の現金売りは止めたほうがいい。

               

              「アマゾン」に注文すると、すぐ正確に商品が届く。

               

              イギリスで「アマゾン」に注文しても、

               

              そんな風にはいかないらしい。

               

              「アマゾン」が優れているのではなく、

               

              「ヤマト運輸」が優れているのだ。

               

              日本の宅配業者は優秀だ。

               

              誰よりも、街の様子を知っている。

               

              うちが何時に在宅しているか、佐川急便もヤマト運輸も心得ていて、

               

              帰った頃にやってくる。

               

              いつも本当に申し訳ない。

               

               

              普段の食料品はネットスーパーで(生協(共産党系)はパス)、

               

              必要な雑貨(書籍・CD等)は

               

              アマゾン・ヤフー・楽天などで買っている。

               

              探しにいく手間が省けて、時間が短縮できる。

               

               

              そんな便利な生活も、宅配業者の方々の犠牲?の上に

               

              成り立っている。

               

              何卒「ブラック化」しないように、お願いします。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              応援クリックお願いします m(__)m
                  ↓
               






              オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

              くじら横丁ホームページ
              http://www.e-kujira.or.jp/
               

               

               

               

               

               

              posted by: はやぶさ | 思うこと | 09:01 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
              ♯超拡散希望
              0

                 

                 

                 

                 以下引用

                 

                 

                 


                http://this.kiji.is/163573082072711172?c=39546741839462401

                在特会前会長を脅迫容疑

                高校生ら5人書類送検




                 

                 

                 

                 


                 

                 


                7月31日投開票の東京都知事選に立候補した「在日特権を許さない市民の会」(在特会)前会長で、政治活動家の桜井誠氏(44)をインターネット上で脅すなどしたとして、警視庁が、脅迫や公選法違反(自由妨害)の疑いで、栃木県佐野市の男子高校生(17)や大阪府東大阪市の男子高校生(18)ら計5人を書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

                 

                 

                 


                送検容疑は、選挙期間中の7月中旬、桜井氏を名指しして「殺す」「当選させたくありません」などとツイッターに投稿した疑い。

                 




                捜査関係者によると、5人は「ネット上の反応が面白くて書き込んだ」との趣旨の供述をしている。

                 

                 



                 引用終わり
                 

                 




                「♯超拡散希望」しているようなので、

                 

                拡散しておきます。

                 

                皆様もよろしくお願いします。m(__)m

                 

                 

                 

                脅せば済む、集団で押しかければ何とかなる、

                 

                「差別だ〜」と弱者を装えば、日本人は黙る。

                 

                戦後70年、ずっとそうしてきたのだろうけど、

                 

                残念ながらバレバレです。

                 

                 

                 

                 

                 

                応援クリックお願いします m(__)m
                    ↓
                 






                オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

                くじら横丁ホームページ
                http://www.e-kujira.or.jp/
                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                posted by: はやぶさ | 嫌中韓ロ豪 | 09:58 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                備忘として「在日犯罪」
                0

                   

                   

                   

                   


                  伊調さん美しい

                   

                   

                   以下引用
                   

                   

                   

                   

                  http://www.asahi.com/articles/ASJBK646TJBKUHBI01T.html

                  ソウル警察、山口組系の韓国人組員を逮捕 

                  殺人未遂容疑

                   

                   

                   

                  朝日新聞デジタル 2016年10月18日01時41分



                  逮捕された組員は今年6月、不法滞在などの疑いで拘束され、その後、東京地裁で9月、懲役2年6カ月、執行猶予5年の判決を受けた。日本側は14日、組員の身柄をソウル地方警察庁に引き渡したという。(ソウル=牧野愛博)

                   

                   



                  韓国の警察当局者によれば、組員は2005年ごろ日本に移り、韓国人が経営するバーなどでみかじめ料を集める仕事をしていた。07年3月、東京都新宿区で指定暴力団住吉会系の韓国人組員を凶器で何度も刺して殺そうとしたという。

                   

                   



                  ソウル地方警察庁は18日までに、日本に住む指定暴力団山口組系の韓国人組員(38)を韓国へ連れて行き、殺人未遂などの疑いで逮捕したと明らかにした。



                   

                   引用終わり
                   
                  >日本側は14日、組員の身柄を
                  >ソウル地方警察庁に引き渡したという。

                   



                  これは大変正しい。


                  日本の裁判にかけたり、刑務所に入れたのでは


                  経費がかかる。


                  犯罪韓国人はどんどん送還すべき。


                  「特別永住者」も犯罪に手を染めたら、母国へ帰してほしい。


                  ぬるま湯のような日本の刑務所では、ロクな罰にならない。

                   


                   

                   

                   

                   

                  応援クリックお願いします m(__)m
                      ↓
                   






                  オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

                  くじら横丁ホームページ
                  http://www.e-kujira.or.jp/



                   

                   

                   

                  posted by: はやぶさ | 嫌中韓ロ豪 | 12:02 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                  警察官に人権は無いのか?マスコミ諸氏
                  0

                     

                     

                     

                     以下引用

                     

                     

                     

                     

                    http://www.sankei.com/politics/news/161020/plt1610200026-n1.html

                    【政論】
                    反対派の機動隊員に対する罵詈雑言

                    聞いたことがあるか?

                     「土人」発言招いた沖縄の異常空間

                    大阪府警の機動隊員が差別的な暴言を吐いた問題で、会談を終え一礼する沖縄県の池田克史県警本部長(左)と翁長雄志知事=20日午後、沖縄県庁

                     

                     

                     阪府警の機動隊員が差別的な暴言を吐いた問題で、

                    会談を終え一礼する沖縄県の池田克史県警本部長(左)と

                    翁長雄志知事=20日午後、沖縄県庁

                     

                     

                     

                     

                    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古では、反対派が設置したテントに機動隊員の写真と氏名と役職が張り出されている。自身や家族の危険を感じながらも、機動隊員は「私たちはプロですから」と耐え忍んで違法行為を辞さない反対派の妨害活動に向き合っていた。

                     

                     

                     

                     

                    ある沖縄県警の機動隊員は反対派の活動家から「おまえの子供を学校に通わせなくしてやる」「八つ裂きにしてやる」と言われたと明かす。休日に家族と買い物をしていると、出くわした反対派から「こんなところで何をやっているんだ」と難癖をつけられたこともあるという。

                     

                     

                     

                     

                    先月、現地を取材した際、訓練場周辺は罵詈雑言に満ちた異様な空間だった。機動隊員を乗せた警視庁の車両に「帰れ、帰れ」と罵り、殴りかかるそぶりを見せる活動家がいた。

                     

                     

                     

                    大阪府警の機動隊員を意識してか、カメラを抱えた男性が「この借りは大阪で返してやるからな」と悪態をついたのも耳にした。

                     

                     

                     

                    だが、不思議なことに、沖縄県警を含む機動隊員が日ごろから浴びている暴言については報じられることがほとんどない。

                     

                     

                     

                    機動隊員だけではない。防衛省の沖縄防衛局職員も8月25日と9月24日に反対派の暴力でけがを負っている。

                     

                     

                     

                    8月の事件では職員の電話番号など個人情報が記載された書類を奪われており、防衛省幹部は「職員個人に危害が及びかねない。ゆゆしき問題だ」と憤る。

                     

                     

                     

                    暴言を吐いた機動隊員は、こうした状況に耐えられなかったのかもしれないが、怒りの表し方が間違っている。

                     

                     

                     

                    問題は、言葉の暴力に満ちた空間の存在が放置されてきたことにある。

                     

                     

                     

                    沖縄県の翁長雄志知事は20日、発言について「強い憤りを感じている」と語った。しかし、翁長氏が沖縄県警などの機動隊員が受ける侮辱に憤りを表明したことは寡聞にして知らない。

                     

                     

                     

                    人を差別することも、子供の安全を脅かすことも許されるはずがない。翁長氏には沖縄を預かる政治指導者として、異常な状況を解消するため尽力することを願ってやまない。(杉本康士)

                     

                     

                     

                     

                     引用終わり

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    河野氏の軽薄で感情のないコメント

                    全く必要ない。

                     

                     

                     

                     

                    昨日「NHKニュースウォッチ9」を夫がみていた。

                     

                    沖縄での「機動隊土人発言」について、

                     

                    長々と時間を取っていた。

                     

                    一方的に「機動隊」が悪い、という報道の仕方だった。

                     

                    せっかくの「家族団らんの時」だったが、私の怒りは爆発。

                     

                    NHKは何て一方的で差別的な報道をするのか!

                     

                    罵詈雑言を浴び、暴力を受けても、

                     

                    警察官は黙って耐えろ、とのスタンス、私には理解し難い。

                     

                    東京のデモで機動隊にお世話になったが、

                     

                    彼らは表情一つ変えず、ただ黙々と治安維持に務めていた。

                     

                    デモをする人、カウンターをかける人、どちらの味方もしない。

                     

                    若くたくましく、公平で優しい人々なのだ。

                     

                    警察官だって普通の人間だ。

                     

                    彼らにだって生活があり、家族がいる。

                     

                    その家族に危害を加えるようなことを言われ、

                     

                    ただ黙っていろというのか?

                     

                     

                     

                    活動家1「帰れ、帰れ(と殴りかかる素振り)」

                     

                    活動家2「借りは大阪で返してやる」

                     

                    活動家3「子供を学校に通わせなくしてやる」

                     

                    活動家4「八つ裂きにしてやる」

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    Photo published for 【拡散動画】高画質でみる沖縄サヨクの暴力行為 防衛局職員を取り囲み帽子やマスクを強奪、顔を無理矢理撮影「テントに連れ込むぞ!」と脅迫も : 正義の見方

                     

                     

                     

                    2016/8/5【閲覧注意】

                    サヨクによる防衛局職員への暴行 後編 高江  

                       ↓

                    https://youtu.be/SbmfRLxBcC0

                     

                     

                     

                     

                    日本のマスコミの報道は常に異常だ。

                     

                    まともなことを書くのは、「産経新聞」くらい。

                     

                    他のマスコミはいい加減、偏向報道やめろ!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    松井大阪府知事の発言に、機動隊員は救われただろう。

                     

                    私もスカッとした。

                     

                    国会を見ていても、「維新の会」はなかなかいい。

                     

                    自民党を左から右に引っ張ってほしい。

                     

                     

                     

                     

                     

                    応援クリックお願いします m(__)m
                        ↓
                     






                    オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

                    くじら横丁ホームページ
                    http://www.e-kujira.or.jp/

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    posted by: はやぶさ | - | 09:17 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
                    >慶應鬼畜大学 主犯格は韓国人
                    0

                       

                       

                       

                       以下引用

                       

                       

                       

                      http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6690

                      慶應“集団強姦”主犯格「S」

                      とその母を直撃!

                       

                       

                       

                       

                       

                      事件現場となった「合宿所」内部

                       

                       

                       

                       

                      小誌が報じた慶應大学「広告学研究会」(以下「広研」)の男子学生による“集団強姦”事件が新たな展開を見せている。被害者の同大学1年生、A子さん(事件当時18歳)の被害届は正式に受理され、神奈川県警が捜査に乗り出した。

                       

                       

                      一方で、A子さんは小誌に「この事件の主犯は『S』です。絶対に許せません」と語っている。「S」とは、どんな人物なのか。Sの知人はこう語る。

                       

                       

                       

                      「両親は韓国人で、小学校の頃に日本に来たはずです。高校時代は野球部で、一浪して慶應に入った。現在2年生ですが、酒に強いことを見込まれ、広研では日吉キャンパスの責任者を任されていた」

                       

                       

                       

                      このSこそが、“集団強姦”事件当日、「後片付け」を名目にA子さんを「合宿所」に呼び出し、飲酒を強要、2人の1年生男子がA子さんをレイプしている間、これを撮影したのみならず、事件を表沙汰にしないようA子さんを脅すようなメッセージまで送ったのである。

                       

                       

                       

                      「それどころか、『ミスコンが中止になったのは、(事件を公にした)お前のせい』という内容のLINEをA子さんに送って、ミスコンのファイナリストたちに謝るよう強要したんです」(A子さんの知人)

                       

                       

                       

                      Sの携帯電話にかけると、か細い声で「どちら様ですか?」と応じたが、週刊文春と名乗った途端に切れてしまい、それ以降、電話が繋がることはなかった。

                       

                       

                       

                      実家で暮らすSの家を訪ねると、パジャマ姿で現れたSの母親が韓国語でこう答えた。

                      「話は聞いているのですが、お話しすることはできないです。ごめんなさい。私たちの心情も理解してください、心情を」

                       

                       

                      詳細は、10月20日発売の「週刊文春」10月27日号で報じている。

                       

                       

                       

                       

                       引用終わり

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      958e229a-s

                       

                       

                       

                       

                       

                      あ〜やっぱりか、そう思った。

                       

                      「慶應ボーイ」にしてはガラが悪すぎる。

                       

                      こうやって日本は朝鮮に染まり、悪くなっていく。

                       

                      韓国朝鮮人→慶應大学→電通→マスコミ汚鮮

                       

                       

                       

                      今回の事件で一番衝撃的だったのは、

                       

                      行為の後、被害者に放尿したとのこと。

                       

                      あまりの卑劣さに、怒りが沸騰した。

                       

                      この感覚は「日本人」ではない、そう思った。

                       

                       

                       

                      慶應大学に入学し、前途洋洋な美しい女性。

                       

                      女学生の「苦しみ」を思うと、胸が締め付けられる。

                       

                      それに加担した「日本人バカ学生」。

                       

                      君たちは「福澤諭吉先生」に顔向けできるのか?

                       

                       

                       

                      「福澤諭吉画像」の画像検索結果

                       

                       

                       

                       

                      育ててくれた親に、何と説明するのか?

                       

                      鬼畜に人権は無い。

                       

                      あなた達の人生は詰んだ、そう覚悟すべし。

                       

                       

                       

                       

                       

                      応援クリックお願いします m(__)m
                          ↓
                       






                      オージービーフ不買続けています!最近はロッテも追加!

                      くじら横丁ホームページ
                      http://www.e-kujira.or.jp/

                       

                       

                       

                       

                       

                      posted by: はやぶさ | 嫌中韓ロ豪 | 19:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |